プロフィール

kamomin

Author:kamomin
5年ぶりのタイトル奪還へ向けて、溺愛する2匹の愛猫(もも♀&そら♂)とともに日々今後のマリノスあり方を研究する毎日。
今シーズンも日スタ“ウィズ”さんのマーボナス丼を食べて、スタジアムで爆発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 今日は完敗。。。
昨日フィッシングショーへ行って最新の道具をいっぱい見てきたので、どうしても釣りに行きたくなり、ガンマン出来なくて急遽行ってきちゃいました。

こういう急遽のときは、手ごろなライトウイリーに限る。
私の場合、ライトウイリーならいつでも思い立った時に行けるよう、常に道具も仕掛けも準備してあるのだ。
と言うわけで、馴染みの平塚港庄三郎丸さんへ。
連休最後だというのに今日はあまり混んではいないようだ。
受付を済ませ釣り座を決め、いざ船へ。
受付の時には気がつかなかったけど、去年の暮れに就航したばかりのピカピカの新造船だった(ラッキー
しかも隣は可愛らしいおねーちゃん。
またまた超ラッキー
しかし隣が可愛いおねーちゃんで浮かれていたことが、後の悲劇を生むことに・・・

出港から約10分で最初のポイントへ。
と、いきなり隣のおねーちゃん、釣る釣る!
しかも型の良いアジばかり、次から次へと釣りまくり、あっという間にバケツが良型アジでいっぱいに。
私はというとおねーちゃんに圧倒されて、しかもいきなりのサバの猛攻で仕掛けトラブルに見舞われる。
どうやらタナが微妙にズレているようだが、アジのタナは見つけられない。
そんなうちに結局アジは一匹も釣れないまま爆釣タイム終了。。。
その後も隣のおねーちゃんの竿が絞り込まれるたびに、こっちの気持ちばかりあせって、なかなか釣果を伸ばせない。
結局小~中型のアジ12匹にサバ多数で終了。
(あまりの悲惨さに今日は収穫の写真もありましぇん)。
この釣りで過去最低の釣果でした

家に帰ってお店のHPを見ると、おねーちゃんが大量の魚を前ににこやかに微笑む写真が・・・
頼むからこれ以上凹ませないでくれ。
このおねーちゃん、釣り終了後港に向かう船の上でコマセカゴの掃除とかしていたところを見ると、どうやらお店の人のようでした。
そりゃうまいはずだわ・・・

スポンサーサイト
fishing | 2007/02/12(月) 21:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 何年ぶりかのフィッシングショー
カミさんが無事退院できたので、パシフィコで開催されている国際フィシングショーへ行ってきました。
以前は、幕張で行われた第1回から5年くらいは連続で行っていたのですが、景気の悪さを反映してか、最近は出品しているメーカーだんだん少なくなってきていたので、ここ何年かは行っていませんでした。
しかし今年は、私のお気に入りメーカーであるシマノの新作ロッドが見たくて久しぶりに出かけることにした。

会場に着くと、やはりかなりの人出。
特にシマノ、ダイワ、メガバスといった有名メーカーのブースは激混み。
しかしやはりここは一番のお気に入りのシマノブースから調査開始。
特設ステージではテレビ東京「釣りロマンを求めて」でおなじみの高橋哲っちゃんが、探検丸システムについての講演中。
ステージを横目に見ながらお目当てのロッドを探すが、残念ながら出品されていなかった。
哲っちゃんに続いては、これまた「釣りロマン~」でおなじみの児島玲子ちゃんのトークショーだ。
うーん、やっぱ可愛い!
02110002.jpg


その後会場を一回りし、ダイワのブースへ行くと、「ザ・フィッシング」でおなじみの水野裕子ちゃんのトークショーをやっていた。
はっきりいって玲子のトークショーより人出が多い。
しかも裕子ちゃんは玲子ちゃんに比べて背が低いから、遠目からだと良く見えないが、これまたスゲー可愛い!
(あまりの人の多さに写真は撮れなかった)
やっぱ芸能人は違うねぇ。
すっかり裕子ちゃんファンになってしまいました(←ただのオヤジ?)。
お目当てのロッドが出品されていなかったので、とりあえず会場をもう一回りくらいして会場を後にしました。

しかし良く考えたら、ここはマリノスタウンのすぐ近く。
しかもまだ一度もマリノスタウンへ行ったことはない。
せっかく申し込んだネームプレートも見ていない。
選手は今日まで宮崎合宿中だけど、まあいいか、っていうことで急遽マリノスタウンへ。

人工芝グラウンドではジュニアユース(?)と思われる選手達がフロンターレのジュニアユースと試合をしていた。
02110006.jpg


トリコロールワンで、フロンターレ戦で申し込んだネームプレートのナンバーを聞き、いざプレートの前へ。
私の番号は986。
おお、ちゃんと飾られている。
良かった良かった。
先日のキクマリで正治さんと三崎さんのプレートも飾られたとのことだったので探したが、結局二人の分は見つからなかった。
そのかわり左伴社長と加茂周元監督のプレートは見つけました。

みなとみらい店で申し込んでもスタジアムショップで受け取ることができるとのことだったので、帰り際についでに今年のユニも予約してきました。
(いつまでもいなくなった選手のユニ着るのも嫌なので)
今年の背番号は・・・おおー、この番号をつけるのは意外にも初めてだ。
ちなみに今年私が一番期待している選手の番号です!
そのうちプロフィールの写真に使おう。

fishing | 2007/02/11(日) 20:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 2007年釣り始め
あけました。おめでとうございます。

早速2007年の釣り始めに行ってきました。
釣物はもちろん一昨日解禁したばかりのキス。
(相模湾は9/1~1/1はキス船は禁漁)
やっぱり解禁直後のキス船に乗らないと1年は始まりません。

と言うわけで、今日は馴染みの船宿、小田原早川港おおもり丸より出船。
ここしばらくキス船には乗っていなかったのだが、いつの間にかこの店のキス船は8:00出船(14:00納竿)に変わったらしい。
(以前は7:30、15:00納竿だった)
7:00には港についていたが、出船1時間前というのにもう両サイドともお客でいっぱいだった。
うーんさすがに解禁直後。
(でも一昨年の解禁直後には10人乗っていなかったような・・・)
こりゃ欲張って2本竿出すとお祭り騒ぎでとんでもないことになるなと思い、1本竿で手返しよく勝負することにした。
(本当はこの日のために端物竿を1本新調したのだが)

そんなこんなで一路梅沢堤防沖へ。
型は小さいながら、第1投目から本命が上がる。
最初の1時間くらいは毎投入ごとに必ずあたりがあり、スカ無しで何かしら必ず釣れた。
その内潮が止まってあたりが止まり、また風も出てきて糸ふけも多くでるようになる。
水深は約40-45mくらいなので、こんな風と客で多い日は、糸ふけを出すとすぐにお祭りしてしまう。
オイラの両サイドのおっちゃんたちはともに2本、3本と欲張って竿を出していたので、オイラを挟んで2人で4連続お祭りの嵐。
そら言わんこっちゃない。
結局1本竿で手返しよくする作戦が効いて、キスは17匹、ホウボウ1匹ながら両サイドには勝つことができた(右12、左10だったらしい)。
まあ、あの人数で奪い合いの状況だったから、初釣りとしてはこんなもんだろう。

今日は同僚の釣りオヤジ2人が、またカワハギバトルをやっているということなので電話し、会社で合流してキスとカワハギをトレードすることにした。
と言うわけで、今日の晩ご飯はキスとホウボウとカワハギの刺身となったのでした。

写真を撮り忘れたので、捌き中の画像↓
01040001.jpg


次回のupはヤリイカ(2月予定)。

fishing | 2007/01/04(木) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 2006年釣り収め
いよいよ2006年の釣りシーズンも締めとなりました。
本当は同僚の釣りオヤジ2人が腰越港池田丸からカワハギ船に乗るというので誘われていたのですが、カワハギ船には先月乗っているし、タイ船でマダイ、イシダイ、イナダが釣れているというので、オイラは茅ヶ崎港沖右ヱ門丸からタイ船に乗ることにしました。

ところが宿についてみるとまだ出船1時間前(6:00)というのに、すでにタイ船はほぼ満員。
正直タイは得意分野ではないので、こりゃオイラにはちと厳しい。
他の釣物にしようかと思ったけど、今日はタイ竿とウイリーシャクリ用竿しか用意していない。
こんなことならカワハギ支度もしてきて同僚2人と池田丸で合流すりゃ良かったと思いつつ、そういや池田丸ではウイリー仕掛けでタイ五目やってたなと思い、2人で電話して池田丸のタイ五目船の出船時間を確かめてもらった。
すると出船は7:00とのこと。
この時点で6:30。
茅ヶ崎からなら車を飛ばせば腰越までは10分ちょっと。
何とか間に合いそうなので、池田丸からタイ五目船に乗ることにした。

店について料金を払い、急いで船へ。
この店は初めてなのでちょっと緊張したが、船に乗り込むとなんと釣り客はオイラを入れて7人。
これならお祭りもしなさそうだ。
本当にこっち来てよかった。

で、釣果はというと↓の通り。
12230002.jpg


マダイはでなかったが、良型のイシダイが2匹(本当は3匹だったけど、タモが間に合わなくて抜いた時にバラした・・・悲)、メジナ1匹、アジ・サバ多数(アジ・サバは写真に写っている以外にもいっぱいいるんだよ~)。
まずまずの釣果かな?
でも久しぶりにレギュラータックル(60号)でのウイリーシャクリだったので(おまけに茨城出張中に怪我をして肋骨にヒビが入っているので)体中が痛くなった。
こりゃ明日は間違いなく筋肉痛だな。

陸に上がり同僚2人と合流したが、今日は2人ともあまり結果が良くなかったらしい。
かわいそうなので、アジとサバを分けてあげましたとさ。

という訳で、今晩のおかずはイシダイ、メジナ、アジの刺身とサバの味噌煮でした。
(サバはいっぱいいるので、明日のクリスマスイブはチキンは無しで、代わりにサバの空揚げになることも決定・・・らしい)

次回予告 2007年釣り始め~キス解禁編(2007年1月予定)


fishing | 2006/12/23(土) 23:20 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 曲者との勝負
今日は数ある釣りのジャンルの中でも、オイラが最も熱くなる魚種であるカワハギとの、今季初勝負でした。

このカワハギというヤツはとにかくクセモノで、アタリというものがほとんどわからない。
気がつくとあっという間に全部エサを取られているという、とにかくたちが悪いやつなのだ。
まあ、それだけに熱くなるんですけどね。
でもそれだけ苦労しても通い続けるのは、あのキモを食するためで・・・
このカワハギのキモ、新鮮なものをナマ食できるのはやっぱり釣り人だけの特権ですから(^^)

で、今日は真鶴福浦港のつるい丸から“カワハギオヤジ”8人で出船。
最初に書いたように、カワハギというやつはヘリコプターのように上下左右に自在に泳ぎ回り、釣り人にアタリも感じさせずにおちょぼ口でエサのアサリをちょっとずつ吸うようにかじとっていく。
このちーっちゃいアタリをどれだけ取れるかは、どれだけ感度のいい竿(かんたんに言えば高い竿)を使うかにかかっているといっても良い。
ということで同僚のN氏は、なんと¥54000の高級竿を購入しての釣行と、気合が入りまくりである。
(そういうオイラも直前にヤフオクでシマノの高級ロッドを落札していたりして・・・)

で、釣果はというと、
11040002.jpg

こんな感じ。
まあどれも小ぶりだけど、今シーズン初にしちゃ上出来かな。
で、N氏はというと、超高級ロッドの感度はさすがらしく、見事ツ抜け(10匹以上のこと。一つ、二つと数えていって、10から“~つ”がつかなくなることからツ抜けという)を達成。
しかも良型を連発ばっかり。
今日は完敗じゃ・・・

でも、夜はた~っぷりキモを味わい、満足でしたとさ。


fishing | 2006/11/04(土) 19:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。