プロフィール

kamomin

Author:kamomin
5年ぶりのタイトル奪還へ向けて、溺愛する2匹の愛猫(もも♀&そら♂)とともに日々今後のマリノスあり方を研究する毎日。
今シーズンも日スタ“ウィズ”さんのマーボナス丼を食べて、スタジアムで爆発します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ball.gif スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ball.gif 日の丸飛行隊銅メダルおめでとう!
ずいぶん前に書いたけど(トリノオリンピックのころだったかな?)、ノルディックスキーのジャンプ、結構好きです。
(詳しくは↓)
結構好きなんですよ

小学生のとき、現在解説している八木さんがレークプラシッドで銀メダルを取った頃からだから、もう25年以上ジャンプファンになります。
小学生のころは本当にジャンプ選手になりたかったんだもん。
だって空を飛ぶって、人間の永遠の夢じゃないですか?
生身の人間が100m以上飛んじゃうんですよ!(正確にはカッコ良く落ちているだけだが ←バズライトイヤーか?)
でも北国出身とはいえ、県内には(たぶん今でも)ジャンプ台はなく、どうすればジャンプ選手になれるかなんてわからなかったから、かなわぬ夢になっちゃいましたけど。
でもオヤジになった今でもこうやって、TV中継がある時は大抵見ています(長野オリンピックは現地まで見に行っちゃったしね)。

で、アジアでは初めて札幌で開催されているノルディックスキーの世界選手権。
週末、用事があったのであきらめたけど、本当は札幌まで見に行きたかった。
いや、絶対行くべきだったな・・・
だって昨日のラージヒルの決勝を見ていても、まさか団体で日本が銅メダル取れるなんて思ってなかったし。
三人目の伊東が130mを越える大ジャンプをした時は、思わずTVに向かって叫んじゃったし(笑)、最後の葛西のジャンプの時なんて、飛ぶ前からほとんど涙でウルウルでした(爆)。

とにかく久々の(しかも地元開催の)世界選手権でのメダル獲得は、今後の日の丸飛行隊復活に向けて好材料になることは間違いないだろう。
ベテランの岡部、葛西もまだ健在だし、スーパー高校生の栃本君も出てきたし、あとは元エースの船木が復活してくれれば・・・



スポンサーサイト
スポーツ | 2007/02/25(日) 21:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif なんてことだ!
明日はちょっと羽田空港に用事があるのですが、15時ごろには終了するので、マリノスタウンへ午後練を見に行こうと思っていたのにー。
先日娘が誕生日だったから、お気に入りの選手のサインをもらってきてやろうと思ったのにー。

なんで練習が午前だけに変更なんだーー?

まあ、あさってから香港遠征だからしょうがないか。
marinos | 2007/02/20(火) 21:24 | Trackback:(1) | Comments:(0)
ball.gif 今日は完敗。。。
昨日フィッシングショーへ行って最新の道具をいっぱい見てきたので、どうしても釣りに行きたくなり、ガンマン出来なくて急遽行ってきちゃいました。

こういう急遽のときは、手ごろなライトウイリーに限る。
私の場合、ライトウイリーならいつでも思い立った時に行けるよう、常に道具も仕掛けも準備してあるのだ。
と言うわけで、馴染みの平塚港庄三郎丸さんへ。
連休最後だというのに今日はあまり混んではいないようだ。
受付を済ませ釣り座を決め、いざ船へ。
受付の時には気がつかなかったけど、去年の暮れに就航したばかりのピカピカの新造船だった(ラッキー
しかも隣は可愛らしいおねーちゃん。
またまた超ラッキー
しかし隣が可愛いおねーちゃんで浮かれていたことが、後の悲劇を生むことに・・・

出港から約10分で最初のポイントへ。
と、いきなり隣のおねーちゃん、釣る釣る!
しかも型の良いアジばかり、次から次へと釣りまくり、あっという間にバケツが良型アジでいっぱいに。
私はというとおねーちゃんに圧倒されて、しかもいきなりのサバの猛攻で仕掛けトラブルに見舞われる。
どうやらタナが微妙にズレているようだが、アジのタナは見つけられない。
そんなうちに結局アジは一匹も釣れないまま爆釣タイム終了。。。
その後も隣のおねーちゃんの竿が絞り込まれるたびに、こっちの気持ちばかりあせって、なかなか釣果を伸ばせない。
結局小~中型のアジ12匹にサバ多数で終了。
(あまりの悲惨さに今日は収穫の写真もありましぇん)。
この釣りで過去最低の釣果でした

家に帰ってお店のHPを見ると、おねーちゃんが大量の魚を前ににこやかに微笑む写真が・・・
頼むからこれ以上凹ませないでくれ。
このおねーちゃん、釣り終了後港に向かう船の上でコマセカゴの掃除とかしていたところを見ると、どうやらお店の人のようでした。
そりゃうまいはずだわ・・・

fishing | 2007/02/12(月) 21:08 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 何年ぶりかのフィッシングショー
カミさんが無事退院できたので、パシフィコで開催されている国際フィシングショーへ行ってきました。
以前は、幕張で行われた第1回から5年くらいは連続で行っていたのですが、景気の悪さを反映してか、最近は出品しているメーカーだんだん少なくなってきていたので、ここ何年かは行っていませんでした。
しかし今年は、私のお気に入りメーカーであるシマノの新作ロッドが見たくて久しぶりに出かけることにした。

会場に着くと、やはりかなりの人出。
特にシマノ、ダイワ、メガバスといった有名メーカーのブースは激混み。
しかしやはりここは一番のお気に入りのシマノブースから調査開始。
特設ステージではテレビ東京「釣りロマンを求めて」でおなじみの高橋哲っちゃんが、探検丸システムについての講演中。
ステージを横目に見ながらお目当てのロッドを探すが、残念ながら出品されていなかった。
哲っちゃんに続いては、これまた「釣りロマン~」でおなじみの児島玲子ちゃんのトークショーだ。
うーん、やっぱ可愛い!
02110002.jpg


その後会場を一回りし、ダイワのブースへ行くと、「ザ・フィッシング」でおなじみの水野裕子ちゃんのトークショーをやっていた。
はっきりいって玲子のトークショーより人出が多い。
しかも裕子ちゃんは玲子ちゃんに比べて背が低いから、遠目からだと良く見えないが、これまたスゲー可愛い!
(あまりの人の多さに写真は撮れなかった)
やっぱ芸能人は違うねぇ。
すっかり裕子ちゃんファンになってしまいました(←ただのオヤジ?)。
お目当てのロッドが出品されていなかったので、とりあえず会場をもう一回りくらいして会場を後にしました。

しかし良く考えたら、ここはマリノスタウンのすぐ近く。
しかもまだ一度もマリノスタウンへ行ったことはない。
せっかく申し込んだネームプレートも見ていない。
選手は今日まで宮崎合宿中だけど、まあいいか、っていうことで急遽マリノスタウンへ。

人工芝グラウンドではジュニアユース(?)と思われる選手達がフロンターレのジュニアユースと試合をしていた。
02110006.jpg


トリコロールワンで、フロンターレ戦で申し込んだネームプレートのナンバーを聞き、いざプレートの前へ。
私の番号は986。
おお、ちゃんと飾られている。
良かった良かった。
先日のキクマリで正治さんと三崎さんのプレートも飾られたとのことだったので探したが、結局二人の分は見つからなかった。
そのかわり左伴社長と加茂周元監督のプレートは見つけました。

みなとみらい店で申し込んでもスタジアムショップで受け取ることができるとのことだったので、帰り際についでに今年のユニも予約してきました。
(いつまでもいなくなった選手のユニ着るのも嫌なので)
今年の背番号は・・・おおー、この番号をつけるのは意外にも初めてだ。
ちなみに今年私が一番期待している選手の番号です!
そのうちプロフィールの写真に使おう。

fishing | 2007/02/11(日) 20:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 無事退院
カミさんは手術後の経過も良好で、無事退院することができました。
心臓の手術から2日後に退院なんて、自分も医薬業界にいながら、あらためて医療技術の進歩ってすごいって思いました。

手術費用は保険がきいて3割負担で済んだのですが、やはり結構な高額。
しかし高額療養費制度が使えたので、実際には80100円の負担で済むとのこと。
役員やってなければ、多分そんな制度知らなかっただろうな。
みなさんも知っておいたほうが良いですよ~。
詳しくは↓を参照して下さいね。
高額療養費制度について

カミさんが無事退院したことはよかったのですが、娘に“ママが入院中心配じゃなかった?寂しくなかった?”って聞いたら、“ぜーんぜん!”とのこと。
普段あれこれやかましく言う人がいなかったから、羽を伸ばしちゃったらしい。
なんてやつだ・・・

未分類 | 2007/02/10(土) 20:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 手術の日
自分の具合は坐薬のおかげで夜にはすっかり良くなったのですが、結局火曜、水曜と自主連休してしまいました。。
(熱は38.7度出たけどインフルエンザではなかったらしい)

具合はすっかり良くなったのですが、病院から手術中は一人立ち会って下さいと言われ、手術室には2-3日前に高熱でヒーヒー言っていた人間が入るわけにはいかないと勝手に思い込み、かといってさすがに小学5年生の娘を経ち合わせるわけにもいかないだろうと思い、カミさんの実家のお兄さんに立ち会ってもらうようお願いした。

しかしいざ手術となってみると、オペを行うのは手術室ではなく血管造影室。さらにその前までついて行くと、“では付き添いの方はここまででお願いします”と中には入れてもらえなかった。
話が違うじゃん!!
こんなことならわざわざアニキに仕事休んでまで来てもらうことはなかった。
にいちゃん、ごめん!

カミさんによると、手術自体は局部麻酔で、足の付け根の血管から心臓までカテーテルを入れて、モニターを見ながらレーザーで悪い神経を焼き切ったのだそうで、血管内や心臓には痛みを感じる神経が通っていないので全く痛みは感じなかったそうだ。
(一番痛かったのは麻酔の注射だったらしい)
しかも局部麻酔だから先生がモニターを見ながらいろいろ説明してくれ、話をしながらの手術だったそうだ。
しかし手術室に入る前に眼鏡を外してしまったので何も見えなかったとのこと。
カミさん曰く、娘を産んだときには(帝王切開だった)眼鏡どころか差し歯まで外せといわれたため、今回も当然全部外すものだと思っていたとのこと。
しかし先生も看護師さんも眼鏡をかけていたそうで、“手術前に言ってくれれば外さなかったのに!”とのこと。

しかし心臓の手術というから、全身麻酔で切った貼ったっていうのを想像していたのに、医療の進歩はすごいですね。
経過が良好なら土曜日(手術2日後!)には退院できるとのこと。
感覚としては胃カメラ飲んだ程度ですかね?(←すっかりひとごとですが・・・)



未分類 | 2007/02/08(木) 21:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ball.gif 1週間の独身生活(コブ付き)
月曜日にカミさんが入院してしまい、約1週間の独身生活(娘と一緒ですが)です。
私自身月曜日の朝から微熱があって調子が悪く、フラフラで仕事をしていたのですが、夕方カミさんから“心臓がドキドキして具合が悪いので病院へ行っています”とのメールが。
実は去年、娘の授業参観中に教室で、同じような症状で倒れたことがあったので(その節は担任の先生、保健の先生、児童の皆さんにはご迷惑をおかけしました)、近所の県立病院の救急へ行くとのこと。

それから1時間位して家に帰ると、カミさんはまだ帰っていない。
家に帰った安心からか、私の具合も、コタツに入っても寒気がおさまらず、最悪。
しかしカミさんからすぐ病院まで来てとの連絡が。
病院までは歩いて10分くらいなのだが、この時点ではとても歩いていける状態ではない。
かといってカミさんが自分の車で行っているものだから、私も車で行った場合、何かあったら1台を置いてくることになってしまう。
仕方なく娘にほぼおぶってもらい(端から見るとオヤジが子供を襲っているように見えたかも)何とか歩いて病院へ行った。

病室に入るとカミさんはベッドに寝かされていて、先生によると不整脈のため、即入院→木曜日に手術とのこと。
突然そんな話を聞かされたもんだから私の具合も最高潮に悪くなり、先生にも“旦那さん具合が悪いんですか?一緒に診察していかれますか?”と言われてしまった。
しかし突然のことで頭がおかしくなっていた私は、“いや、今日は保険証も診察券も持っていないので結構です”と言ってしまった(笑)。
だが熱をはかって貰うとなんと38.7度。
そりゃ具合も悪いはずだわ・・・
すぐに坐薬を処方してもらったが、ここでも頭がおかしくなっている私は“ここで入れて良いですか?”ズボンを脱ごうとする始末。
挙句の果てに看護士さんには“トイレでやって下さい!(怒)”と怒られてしまった。

カミさんが入院手続きやらなんやらをしているうちに30分くらい待たされたが、その間診察用ベッドに寝かされ、すっかりどっち入院する患者か分からなくなっている私。
まったくもって面目ない。
とりあえず一旦カミさんを連れて(というか連れられて?)家に帰り、入院の支度をして再度病院へ。
何とかカミさん入院させ、1週間分の生活費をもらい(←この辺が悲しい・・・)家に帰った時には私の熱はウソみたいに下がっていたのでした。
製薬会社に勤めていながら、あらためて坐薬の効果の凄さに気づいた私でした。

未分類 | 2007/02/07(水) 06:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。